Blog&column
ブログ・コラム

インプラント治療の保険適用条件について

query_builder 2021/05/01
コラム
people-whimsical-lazy-girl
近年、インプラント治療を希望する患者さんが増えてきましたが、治療費は1本あたり30万~40万円が相場と言われています。
さらに、インプラント治療は保険が適用されないことがほとんどなので、全額負担しなければなりません。
ただ、保険が適用されるケースもあります。
そこで今回は、インプラント治療の保険適用条件について解説していきます。

▼保険が適用される症例
インプラント治療で保険適用となる症例は、「先天性疾患と診断されてあごの骨が3分の1以上欠損している」「事故の外傷であごの骨が欠損した」「口腔癌などであごの骨を切ってしまった」というものです。
これらの条件を満たしている場合のみ、保険が適用されます。
加齢によって骨が痩せた場合や、歯周病や虫歯などであごの骨を失った場合などは対象外となります。

▼保険が適用される施設
インプラント治療で保険が適用されるには、条件を満たした施設で治療を行う必要があります。
つまり、どこの歯科でも保険が適用されるわけではないということです。
「病院に入院用ベッド数が20床以上ある」
「3年以上のインプラント治療の経験がある、または歯科・歯科口腔外科に5年以上の経験がある常勤医師が2名以上配置されている」
「当直体制が整備されている」
「医療機器や医薬品などの管理が整備されている」
といった条件を満たしている施設であれば、インプラント治療で保険が適用されます。

▼まとめ
インプラント治療の保険が適用になったとは言え、全ての人が保険内で治療を受けられるわけではありません。
もしインプラント治療をお考えでしたら、一度当院にご相談ください。

NEW

  • 歯医者のコロナ対策

    query_builder 2021/02/18
  • 入れ歯を検討するタイミングについて

    query_builder 2021/06/22
  • 乳歯の虫歯でも神経を抜く必要がある?

    query_builder 2021/06/15
  • 乳歯が茶色になる原因は虫歯だけではない?

    query_builder 2021/06/08
  • 乳歯と永久歯の違いやそれぞれの役割について

    query_builder 2021/06/01

CATEGORY

ARCHIVE