Blog&column
ブログ・コラム

乳歯が茶色になる原因は虫歯だけではない?

query_builder 2021/06/08
コラム
laugh-536287_960_720
お子さんの歯が茶色くなっていると虫歯だと思ってしまいがちですが、乳歯が茶色になるのは虫歯だけではなく他にも考えられる理由があります。
しかし、虫歯以外の原因を知らないという方も多いと思います。
そこで今回は、乳歯が茶色くなる原因について解説していきます。

虫歯
虫歯が原因で歯が茶色い場合は、奥歯やものを噛む面に黒い点や線ができます。
これは永久歯と変わらないので、判別しやすいのではないかと思います。
ただし、大人と違って子供の歯は虫歯になりやすく、一度虫歯になるとすぐに進行してしまいます。
そのため、虫歯が疑われる場合は痛みがなくても歯医者で診てもらいましょう。

▼着色汚れ
ココアやチョコレート、麦茶など色の濃いものをよく口にするお子さんに多いのが着色汚れです。
着色汚れで歯が茶色い場合は、虫歯のような黒い点や線ではなく歯全体が茶色くなります。
着色汚れは歯磨きで落とすことができるので、日頃からしっかり歯磨きをして色の濃いものを口にする頻度を見直してみましょう。

▼歯の神経に問題がある
歯が1本だけ全体的に黒ずんでいる場合は、歯の神経に問題がある可能性があります。
これは、歯の神経の治療をしたことがあったり、歯の周辺をぶつけたりしたときに起こりやすいものです。
歯の生命力がなくなっている状態なので、まずは歯医者で診てもらいましょう。
場合によっては歯が抜けるのを待つしかありませんが、歯の表面に塗料を塗って歯を白く見せることもできます。

▼まとめ
乳歯が茶色くなると真っ先に虫歯を疑ってしまいますが、それ以外にも考えられる原因があります。
もしお子さんの歯が茶色くて不安な方は、当院に一度ご相談ください。

NEW

  • 歯医者のコロナ対策

    query_builder 2021/02/18
  • 口腔内スキャナーとは?メリット・デメリット

    query_builder 2022/05/03
  • 痛くない歯の治療法をご紹介

    query_builder 2022/04/05
  • ブラッシング指導とは

    query_builder 2022/03/03
  • フラップオペレーション(フラップ手術)とは?

    query_builder 2022/02/01

CATEGORY

ARCHIVE