Blog&column
ブログ・コラム

正しい歯みがきのやり方って?歯みがきの方法をご紹介

query_builder 2021/08/15
コラム
brushing-teeth-tooth-zahnarztpraxis-treat-teeth
いつまでも健康な歯でいるためにも歯みがきは重要です。
毎日歯磨きをしても、正しいやり方ができていなければ、あまり意味がなくなってしまいます。
そこで今回は、正しい歯みがきのやり方をご紹介します。

▼歯垢がつきやすいところを念入りに
歯みがきは下記の歯垢がつきやすい箇所を入念に磨きましょう。
・歯と歯肉の境目
・歯と歯の間
・噛み合わせの面

磨くときは順番を決めて磨けば、磨き忘れを防げますよ。
歯と歯の間は歯ブラシだけではなく、歯間ブラシやデンタルフロスを使うとさらに効果的です。

▼歯みがきのポイント
歯みがきには下記の3つのポイントがあります。
・毛先を歯と歯肉の境目、歯と歯の間にきちんと当てる
・力を入れず、軽い力で磨く
・歯ブラシを小刻みに動かす。1?2本ずつが目安

歯垢は粘着性があるので、1つの歯につき20回以上は磨きましょう。

▼場所に合わせて磨く
・噛み合わせ…歯ブラシを奥から前に動かす
・前歯の裏…全体に当たるように歯ブラシを縦にして磨く
・歯と歯肉の境目…歯ブラシを45度にして、細かく動かす

▼歯ブラシの持ち方
歯ブラシは、ペンを持つような持ち方と握るような持ち方があるので、場所に合わせて持ちやすいほうで磨きましょう。

▼まとめ
歯みがきは正しいやり方と正しくないやり方では、汚れの落ち方が違います。
ぜひ今回ご紹介した方法を参考に、正しく歯を磨いてくださいね。
また当医院では、歯に関する悩みを承っているので、お困りのことがあればお気軽にお問い合わせください。

NEW

  • 歯医者のコロナ対策

    query_builder 2021/02/18
  • 歯周病の再生療法とは

    query_builder 2021/10/15
  • 入れ歯に歯磨き粉は使ってもいい?

    query_builder 2021/10/01
  • 入れ歯を洗う洗浄剤について解説

    query_builder 2021/09/15
  • 入れ歯安定剤の種類と選び方とは?

    query_builder 2021/09/01

CATEGORY

ARCHIVE